7. Foundations of abstract art

 


7. Foundations of abstract art


* When the stimulus disappears, the work has no trace, and disappears from the surface of consciousness.


* I think that it is a wave boarding which becomes a certain development line in the history of art in the fulfilling of the art history, but it is probably in the trace of the developmental line, probably the trace of the dramatic development, the speed and the necessity


* It is a big experience, even with a slight shock at the time of seeing directly with eyes and listening with ears.


* The rule of art style is also an easy chair that embraces humans firmly with warm arms. However, on the other hand, the efforts to get out of that rule aim at further leap and new value,. In the end it is preparation for the acquisition of a new art style. Someday the painting style will lose its life. And it will be changed, depending on the new style of art


A. How to make canvas


① securing universal durability
a. Cut the 2 mm sheet of veneer into the size of the canvas size.


b, Dimension the wooden frame and attach it


c. Stretch hemp without adhesive. ~ Staple in wooden frame


d. Apply a thin paint on top of hemp


e, paint glue completely after drying, to prevent moisture and drying from the outside


f, when finely planar is necessary knead the putty with bond and crush the eye (especially because the dongross texture is coarse) ~ sander is applied.


g, After drying, paint acrylic type etc. At least five times - apply sanda after each paint.


h, Apply glue. ~ Separate part of aqueous treatment and part of oil paint. ~ Oil paint
To avoid penetration. (The oil of the oil paint will stick to where you painted.)


I, paint oil paint. ~ Apply the fanation twice.
Telepin used. Put the titanium white with turpentine.


②. Features of Machière


a. I think that it is necessary not only to watch paintings of the future, but also to want to touch.


b. Build irregularities and rough places. Perform after

①-e. I will devise consensus.


③. Utility of overcoatinga. Do not mix white with other colors
Gray also overlays


④. How to catch the subject
a. Shortcut to deforme and loose pieces
b. Construction of the world
⑤. Screen composition
Tension and heaviness and lightness

* By arranging a relatively heavy feeling form in the lower part and a relatively light form in the upper part, heading up and down
Tension is still greatly increased. Relative equilibrium is realized even in reverse.


* Increasing the dramatic effect, weight of the basic plane


4: 8 ratio The weight of the form 2/4
Below, the weight of the basic plane 4
Form is also 4/8 weight
In addition to obtaining equilibrium, the weight of the basic plane 2


6: 6 ratio Weight of form 4/6
Below, the weight of the basic plane 4
Weight of form 4/6
<Concept of weight> It is an expression of inner tension


* The right side is more developed. In that sense, it is a more free side. The left side is also a side lacking freedom as much as it was late in development. The idea that the <left> of the basic plane is dilute. As I go from the bottom to the top, the feeling of release gradually increases, especially in the case of the right side, it is remarkable


* A1-2 Weakest formation
b 1 - 3 Relaxed on above resistance,
c 2 - 4 Relaxed relaxation resistance
d3-4 The largest resistance

Harmony Death Harmony

 

Death Harmony Harmony


Impression, | cold feeling static | impression of harmony
Warm feeling static | Not harmony | Incomplete  


F. Golden division and simplification of composition
Points of preference


Less preference


* Easy golden sectioning application
Draw a quadrangle from two directions


7.抽象芸術の基礎
*作品は 刺激が無くなると 跡形もなく、意識の表面からその姿を消す。
*美術史の充実と美術史上一定の発展線となる波乗船であるだろうが そうした発展線を辿る おそらくは飛躍的な発展の跡、その速度や必然性を明らかにする事にあると思う。
*直接目で見、耳で聴く時には 如何に僅かなショックといえども、大きな体験となる。
*芸術様式のルールは 人間を温かい腕でしっかりと抱き抱える安楽椅子でもある。だが、反面に於いて そのルールから抜け出そうとする努力は 一層の飛躍と新しい価値を目指すのであり、。結局は 新しい芸術様式の獲得のための準備なのである。絵画様式も いつかはその生命を失う。そして、新しく生まれる芸術様式によって、とって、変わられるのだ。

A.カンバスの作り方

① 普遍的耐久性の確保
a, キャンバスサイズの大きさに2ミリのべニア板をカットする。
b, 木枠を寸法切りにして付ける
c, 接着剤不要にて麻を張る。~木枠にホチキスで留める
d, 麻の上から薄い塗料を塗る。

e, 乾いてから、満遍無く膠を塗る~外部からの湿気や乾燥を防ぐ為
f, 細かい平面が必要な時はボンドでパテを練って、眼潰しをする(特にドングロ スの織り目が粗い為)~サンダ―をかける。
g, 乾いてから、アクリル系等の塗料を塗る。最低5回~塗るごとにサン ダ―をかける。
h, 膠を塗る。~水性処理の部分と油絵具の部分を分離する。~油絵具の
浸透を避ける為。(油絵具の油が、描いたところに固着する。)
I, 油絵具を塗る。~フアンデーションを2度塗る。
テレピン使用。チタニュウムホワイトをテレピンで塗る。

②.マチエールの特徴
a。これからの絵画は 観るだけではなく、触りたくなる事が必要かと思います。
b。でこぼこや粗いところ等を造る。①―eの処理後に行う。総意工夫をする。

③. 重ね塗りの効用
a.白色は 他の色と混ぜないこと
  灰色も、重ねる
④.題材の捉え方
a。 デホルメや ばらばらに ショウトカット
b。世界の建立
⑤. 画面構成
a。緊張と重軽感
a.

* 下の方に 比較的重い感じの形態を、そして、上の方には比較的軽い感じの形態を配することに於いて、上下両方向に向かう
緊張は 尚、著しく増大させられるのである。逆でも、相対的な均衡が 実現する。
* ドラマチックな効果を強める  上、基礎平面の重さ 2

4:8の割合         形態の重さ  4分の2
下、基礎平面の重さ 4
形態も重さ  8分の4
均衡を獲得する        上、基礎平面の重さ 2
6:6の割合        形態の重さ 6分の4
下、基礎平面の重さ4
形態の重さ6分の4
<重さの概念>内面的緊張の表現であると言う


* 右側の方が いっそう発達している。その意味から、より自由な側である。左側は 発達の遅れた それだけにまた、自由さに欠ける側である。基礎平面の<左>は 希薄と言った観念。下から上に行くに従い、次第に解放感が増して行く、右辺の場合には 殊に それが著しい



a1-2最も弱い編成
b1-3上により緩和され抵抗、
c2-4下により緩和された抵抗
d3-4最も大きな抵抗

b。ハ―モニーではないものとハ―モ二―
* 良い評価と構成
* 積極的な形と消極的形が交互に現れている、対立するメロディである。
難渋、| 冷たい感じの静 |ハーモニーの印象
暖かい感じの静  |ハーモニーではない  |未成  

Harmony Death Harmony

F.黄金分割と構図の単略化

好み大のポイント

好みが少ない

*簡単な黄金分割の応用
2方から4角形を描く