6. About the work


6. About the work
Seek universal or highest value. How to make it respond to the freedom of the viewer. Multilateral interpretation work such as psychological, anthropological, folkloreal, sociological, historical, philosophical, cosmological quantum mechanics, plant ecology, aesthetics and painting technique etc is required. In case


① Various interpretive action required
② Control over value
③ Unity of work
④ About the world
⑤ Ignore the rule and mystery madness


① Various interpretive action required
Naturally, I think that it is natural that the painting skill is organized by a check system that leads to various interpretive work for the evaluation and criticism of the work, and experts point them is. It is due to the expert system of division of labor, so it is natural, it seems that we are chasing to seek better works and enhance the value of universal things
If the work is full of faults, the viewer simply throws it away. Also, there are cases where it is not so. The masterpiece promises "an open experience". A four-dimensional horizon of the third ideological action peculiar to "works" opens. It is an interpretive axiom and will also dominate production tactics. See the basis of art, a priori of work.
It is not how to freely draw, but how to make it freely visible to the viewer.
The viewpoint of aesthetics comes to technology rather than angels, to imitation rather than originality, and to social universal reality. Individuality is clearly stamped on the work how to select material, how to grasp, how to process and process it.
It is a creative activity that is demonstrated by physical independence, passing beyond the area of object recognition as mere awareness activity.
Personality is how to select and grasp the material and how to process and form is clearly stamped on the piece. There is no one which does not show the personality of the artist's formation activity, ranging from a single drawn line to a touch of a single stroke.
When it is objective it can be called an individual form.
Let's say that the method of grasping works of art as a multilayered structure is superior in that it does not lose sight of the overall nature of the work as compared with the method to be regarded as an old method content organization.


② Control over value
By evaluating, value is born for the first time. Changes in value are fluctuations of the creator. Always destroy the old ones who are not being creator. You can not buy it with money. All valuable things are of poor value. (Nietzsche) And it is the existence of something that does not have existence. Expressing self-expression of aesthetic value and expressing the value philosophy of human existence elsewhere, the two can communicate in terms of seeking absolute value.


③ Unity of work
It is the most obvious and unambiguous consistency, that is, the status of drafts, scribbling, all drafts, modifications and deletions,
Because there is a denial of existence existence exists there. Ilya, globality, spatiality, quantity, instrumentality, temporality, etc. come only because I am a denial of existence

As soon as the abandoned draft, innumerable languages that are crowded, direct forms of continuity are once suspended, practically one whole field will be released. Therefore, the theme of continuity of history is restored, not disintegration, but generation


④ About the world
Temporal intuition without existence, to see the whole thing at a glance. There is a strong obsession with the whole thing. Consideration must be paid to the fact that tools stand out. The distribution of things is to occur at random. Since we are too close to reality, it is to reorganize every sensuous input into the largest possible semantic unit that can be thought.


⑤ Ignore the rule and mystery madness
Contrary to autonomously structuring the reality, it is important to amplify the reality of diversity and transform the meaning itself into a mystery. The task is not decryption, recording the reality, and that is to create a mystery. The aspect of feeling ugly as receiving discomfort tube was called 'Azalea'.
The object which I felt as "Azura" is distorted, twisted, excessive which missed Chiityi lacking the property which it should have originally. The eyes that see it as ugly are not subjects, they are of the subject. It is the subject who feels touches. Evil is the best power. It is necessary to produce the best superman.
Conflict between theoretical and madness, madman 's word is to pay close attention.
Everything called culture is rooted in rhythm.
Rhythm is the source that evokes all our imagination.
"The rhythmic work of the handwriting rhythm and the phenomenon of the time system is always a spatial rhythmic segment and vice versa.If there is no force the shape is not constructed.The force works as breaking the shape.
Nietzsche's thinking superman is that Raiden, which is said to be mad. You must have a poet 's talent to talk about madness. "Any creation acts" that you can enjoy all the possibilities themselves in the framework of saying "This is fun" is destruction. It is necessary to deflect the eyes and to ignore the rules.

As for artworks, art is the highest position, it is ethical to humans, and the virtue of wisdom is in the highest position, making practical judgment correct.
Finally, as the representation, concept and philosophy become a moving form with life, the inside of the human being is activated so that it can have realistic power to the extent that it becomes visible in the space It must be.


6.作品について
普遍的ないしは 最高の価値を求める。如何に観る人の自由に応答させるかだ。心理学的、人類学的、民俗学的、社会学的、歴史学的、哲学的、宇宙量子学的、植物生態学的、美学や絵画技術的等の多角的解釈作業が必要となる。           
①  多様な解釈作用が必要
②  価値への統御
③  作品の統一性
④  世界とは
⑤  規則の無視と謎の狂気
①  多様な解釈作用が必要
当然だと思うのですが、作品の評価や評論に対しても、絵画技術は 多様な解釈作業に至るチエック体制が組まれていることであり、専門家たちにおいてはそれらを点数化しているのです。分業の専門家システムによるものですから、当然的なものであり、より良い作品を求め、普遍的なものの価値を高める事を、追いかけているのではないでしょうか。

作品が、欠点だらけであれば、鑑賞者は それを捨ててしまうだけである。また、そうでない場合がある。傑作は「開いた体験」を約束する。「作品」に特有の第三の表意作用の4次元的地平が開かれてくる。解釈的公理であり、制作学的戦術をも支配するようになる。芸術の基底、作品のアプリオリを見る。
自由に描くことではなく、観る人にとって 如何に自由に鑑賞させるかである。

美学者の視点は 天使よりも技術へ、独創よりも摸倣へ、そして、社会的普遍的実在へ結ばれるに至る。個性は素材をいかに選択し、如何に把握するか、そして、如何に処理し加工して形成するかは 作品の上に明確に刻印される。
単なる意識活動としての対象把握の域を踏み越えて、身体的主体性によって発揮される制作活動である。

個性は 素材を如何に選択し、把握するか そして、いかに加工し形成することは 作品の上に明確に刻印される。一本の描線、一筆のタッチに至るまで、芸術家の形成活動の個性を示さないものは無い。
客観視されている時 これを個性的形式と呼ぶことが出来る。
 芸術作品を重層構造として捉える方法は 旧来の方法 内容組織として捉える方法と比べると 作品の全体性を見失わずに済む点で優れていると評せよう。

②  価値への統御
評価することによって、初めて価値が生まれる。価値の変動は 創造する者たちの変動である。創造者とならずにおられないものは 常に、古いものを滅ぼす。金で買えるものであってはならない。価値あるものは 全て、価値の乏しいものである。(ニーチェ) そして、存在を持たぬものの存在であるという事は あらぬものの存在である。美的な価値を自己表現することと、人間存在についての価値理念を他己表現する事、両者は 価値の絶対性を希求する点に於いて、通じ合う。

③  作品の統一性
 存在物を 宙づりにして置かなくてはならないのは 最もあからさまにまかり通る統一性、つまり、下書きの状態、なぐり書き、すべての下書き、修正や削除、
存在の否定であるが故に存在が そこにある。イリヤ、世界性、空間性、量、道具性、時間性などは 私が、存在の否定であるが故にのみやってくる。
作品の統一性~デカルト的<私は 思考する>

 放棄された草稿、ひしめき合う無数の言語、連続性の直接的な諸形態が 一度宙吊さられるやいなや、実際上一つの分野全体が解放されることになる。よって、歴史の連続性という主題が復活し、解体ではなく、生成である。

④ 世界とは
 無の時間的直観、事物の全体を一目で見通すことである。事物の全体への強い執着がある。道具が目立つという点に考慮が払われなくてはならない。事物の分布は ランダムに発生することです。我々は リアリテイにあまり、近づき過ぎているので、あらゆる感覚的なインプットを考えうる最大の可能な意味単位へと再編成することである。
① 規則の無視と謎の狂気
自律的に 現実を構造化するのとは反対に、現実の多様性を増幅させつつ、意味そのものを謎と化してしまう事が 重要である。課題は 暗号解読ではなく、現実を記録すること、そして、それは 謎を生み出す事である。不快管を受け、醜いと感ずる局面が「あし」と呼ばれた。

「あし」と感じた対象は ゆがみ、ねじれ、それが 本来持つべき性質を欠き 中正を逸した過度のものである。それを醜いと見る目は 対象ではなく、主体のものである。あしと感ずるのは主体である。悪は 最善の力だ。最善の超人を生むために必要である。

理論性と狂気の対立、狂人お言葉は細心の注意を払わせるものです。
 文化と呼ばれる全てのものは リズムに根差している。
リズムは 我々の全ての想像を喚起する源泉である。
「筆跡のリズム、現象の時間制のリズム的作品は 常に 空間性のリズム的分節であり、その逆も同じである。力がなければ形は構成されない。力は 形を壊すものとして働く。

 ニーチェの考える超人とは 其の雷電であり、狂気であるという。狂気について語るのには 詩人の才能がないといけません。「これは 遊びですよ」と言う枠の中で、あらゆる可能性そのものを楽しめる「あらゆる創造行為」は 破壊である。眼をそらせて規則を無視することが必要である。

 作品に関しては 芸術が最高の地位にあり、人間に対して 倫理的であり、実践的判断を正しいものとする、<賢慮>の徳が 最高の地位にある。
 最後に、表象や概念や理念が 生命を持った動く形態となって、空間の中で、目に見えるようになるほどまで現実的な力を持てるように、人間の内なるものが、活性化されねばなりません。