5. Practice of painting expression


5. Practice of painting expression
Science perspective. Collapse of perspective painting method, reconstruct space itself bIn case


① Interpretation, structural analysis and form
② Emphasize the value of phenomenological data
③ Randomness and incoherence
④ Amazing art expression
⑤ abandonment of self and history of self
⑥ New value and power
 ⑦ Organism and plant strategies –


① Interpretation, structural analysis and form


Interpretation The academic level is the life of art, and the art work is a complex of form contents
There is a need to consider the most importance.
It is that I am in the picture. And there is no problem concerning the intention of the author. This is the act of making philosophical horizons the same, only in the four dimensional way of thinking, I will not be in the picture. As a result, the clearance of the painting space is clear, and the interest in the formation of the spatial expression plays an important role
Whether the picture was successful or not depends on whether I am in the picture. In case The picture has its own life.
The work is not an evaluation, it is an interpretation. Even if you look at a single picture, if you do not properly understand what kind of way you can master what kind of skills and skills you are able to digest the frame of personal taste of the wickedness and proceed to evaluation I can not do it. In expression, a kind of philosophical and psychological work that creates a process that is a creative process is called interpretation
Therefore, all experiences encountering artwork are interpretations, and "interpretation technology" is necessary when concretely executing "interpretation of art work" individually.
Artistic activities preliminarily calculate the effect of the work and process and form the material
It is necessary for the author's "intent" to be a mere subjective belief. There is no problem concerning the intention of the author.


* Understanding the artistic form is nothing but structure analysis.
Even though details of things seen when paintings can not be perceived clearly,
When getting the impression as a whole, it is an "eerie thing", which is an intuitive character to base the unification of works.


* Save while preserving the existing structure and create a higher-order structure that can not be undone
To do. It is the logic that goes through three forms of behavior. Philosophical of the basic dialectic structure Finding changes in existence consciousness which becomes a problem, the concept of form approaches, this is <structure philosophy>.

* It must be a thing that imposes training on the body to satisfy the physical body with space and time characteristics
It does not. The form activates the representation power. And the form of temptation to crazy is the magic of the world, and it has the function of exerting a causal effect without energy on the form.

② Emphasize the value of phenomenological data


Those who speak, those who express or hide themselves in what they say, those who use their words to exercise their highest freedoms, once these decrypted signs are due to a kind of memory that passes through time < Priority> is an aggregate that can be converted.
I tell you that there is no matching language expression in the same thing. It is a relation with the ground when a certain expression emerges as a figure, the object is firm, the surviving object, the arrangement of the object is unstable what is changed. The sequence of interest forms the situation.
Plato is trying to express four dimensions by real level, color, time
It is misplaced. Three dimensions are based on cubes. It is coloring it. By looking at the invisible side, it becomes a four dimensional representation.
That is the whole disintegrated unbased one contained in one complete whole
It is the whole. By thought, it is to make separated things together, to forcibly hide the distinction in the concept and tailor emotions about existence, so the true one is the whole
Split and unrealistic things are the essential opportunities. The specific thing is to exercise oneself only by dividing oneself and making it unrealistic.
It seems to be irregular inside in the universe, but throughout the universe, it waits for a regular structure like a crystal in a multi-universe. In the action of capturing existing things, I can not grasp anything, unless myself experiences existence. It is to explore while recognizing the existence. The fundamental quest is nothing other than to prescribe whether the question is directed. Questioning is to fulfill its purpose when reaching those who are found lurk It is understood as existence mechanism of existing existent. Meaning of existence presence of the present existence
As time is presented. While understanding the time and existence as the 4-dimensional horizon of existence consent, it is necessary to fundamentally explain from the temporality as existence existence of a certain existence.
Questions about the meaning of existence are finished. The central problem of all ontology is rooted in the fact that phenomenon of time is correctly found and correctly explained. It is shown that the fact and how to do it are shown. In ontology is possible only as phenomenology


As a phenomenological concept of phenomena is shown as self, existence of existence, existence of this existence
The meaning refers to various variations and faction ecology. It is not "the nature of the intrinsic thing" that exists in things, but it is only the manner that exists. It is possible for the first time for an acquaintance whose existence in the world is understood as the essence mechanism of existing existence, the insight that can see through existential existential theory space becomes possible. Instruments become conspicuous when so exposed as unavailable. I can understand the necessity of expression of broken tools. In the presence and absence of Sartre, the immediate existence seems to be "it exists in a certain place" as it exists. It is the thing of the place, it is the existence which does not exist "and it is freedom to depart from its essence and its existence.
 Because globality, spatiality, quantity, tool property, time property, etc. are denial of existence


Only comes to existence. As long as it can be thought of as being a certain place, existence that is like a certain thing does not bring someone to himself in order to make himself perfect. When it is considered in its concrete naked form, it suddenly becomes the whole existence.

The personality center where human beings exist is unity of freedom. It is said that there is a world
It is based on the premise that it is to unify themselves in ourselves, and that abstract things precede existing ones preferentially rather than concrete ones. The result is the richest. In case
The absence exists only on the surface of the existence.
What is necessary for life is not just to pursue meaning but to experience
To pursue things, meaningless activities such as rhythm, beat, meloday, color tone
It is to make it possible to experience experiences such as movements.


"Logic is called upper recognition, aesthetics is called lower recognition" "The upper class is complex
I like paintings "Complex paintings, preference for works with high degree of uncertainty increases.
The philosophical concept is ambiguous, the more abstract it is, the more universal it is. The weaker the material, the poorer the greater the importance of knowledge. The poorer the intuitive foundation of the material, the poorer the reproducibility of the object the material aims to weak, the weaker the weaker the similarity between the material and the object, the more universality the subject increases.
If a given material is poor the thing that an individual interpreting as poor reads on that material is not something they put there. Knowledge of each person increases importance and allows various interpretations.
"A truly concrete thing is an existence that includes the essence of self, and that of all abstract opportunities
It is the overall nature created by repeated comprehensive likes. "Hegel says. that is
By destroying the existent, is it not to say that it will be absent?

Nietzsche stipulates the basic attitude of the artist and says he does not admit any value to things that do not know the formal technique.
Creative things are much closer than realistic ones, and far more
It is far away. Although it is imaginative that it is much closer, although it is realistic
It is a life table inside my body, the fruit flesh exposed to my eyes for the first time, its body
Because it is nothing else on the back side.
It is to abstract things "to live" to "see". The act of giving vibration is the fundamental, it feels turning (ecstasy) and resonates. Even if it is said that there is a mechanism that makes life feel strongly, where there is barely death.
Depending on the boundary and contrast, it acts to project life from the back.


③ Randomness and incoherence


Mimesis aesthetics definitely chews the subject, deforms the subject, separates into pieces, or analyzes the object. However, cubism is not a depiction of the object, it is a coalition of the world. Daunting good person. Destate the righteous! (Nietzsche)
The transition of time will become a mess. I began seeking the destruction of art in the gaze and the disintegration of the language in the language.
Without strength, shapes are not constructed, but forces work even if it breaks shapes, that is, it becomes an eternal shimmering glow. Whether it is important to create a kind of confusion state

I regard the aspect of virtue as evil. Virtue is impossible without human will, as long as it is an ethical concept. Before evil is an ethical problem, it is an ontological issue. Where is the evidence existence evidence?

Aristotle is the subject of the replay of comedy is ugliness. It is painful to others
It is not as bad as to hurt. A phase, distortion, distortion, distortion, distortion, which it feels uncomfortable and distorted, lacks the property it should have, the eye that views it as "ugly" is not the subject but the subject.

Augustinus makes it evil when the will as such abandons what is above and heading for the underlying. Going down is evil itself. When a twist and a deviation are established on the free will of man, there will be a moral evil that is not natural. Evil is destructive, as good is conservative.


④Art expression of wonder


Provisions that were divided. snap shot
Destruction is realized more vividly than my creation. Consume. To eat
It is to destroy by combining with self. Randomness, random disorder is constantly increasing). Degradation, collapse, aging, putrefaction, and fluctuation exist from the phenomenon of material degeneration.
A mechanical relationship may please intelligence, but it is boring, and there is nothing to benefit in the vicinity. In all history, like the expression and gestures of human beings are looking for the future in the air. At high temperatures the magnets are violently disturbed. How is randomness producing superb things?


⑤ abandonment of self and history of self


Get away from yourself. It is whether it is in the picture or not. The spirit of Entelequia is that men with moral battle win first by fighting themselves first, and men 's free people should not become slaves of their own desires. Freedom starts in my heart at my home. So, a man with Entelequia's spirit is king against himself. The importance of self-control is further emphasized
The more you discover the truth about yourself, you will have to give up yourself. The more you want to abandon yourself, the more you need to expose yourself to light.
From viewpoints of everything from ecstatic staticisticism to redrawing again as a kinetic behavioral point of view, redrawing the world, this has become a huge new problem for painters
It is shown that the abstraction is not assembled completely separately from the reality in the head but is a process that is always inseparable from the perception of the lower world. The art suddenly got to give a sense of life shock, breath, suddenly.

Said Foucault. In my present society that surprises me, art is related only to things, it has no relationship with individuals or life. It is necessary to wear the possibility of seeing with your own eyes. Cezanne is not an audience, he is not standing outside the thing. He is caught up in the act. Whether the picture succeeded depends on whether you are in the painting The picture has life.


⑥New value and power - win far away space and past time


By setting up a new world on the old world once destroyed
is there. It is the most disgusting thing, to set out what you imagine. It is because it is a destroyer who breaks existing table and old value. It is the inventor of new value that becomes the axis of rotation of the world.

You must know the historical style of past writers. The style that exists is taken over by the style that loses its life someday and the way it is born newly.
It began in the form of natural scientific approach becoming influential. Elucidation
It becomes evident that there is nothing, and "control by value" influenced by democratization in the form of existential philosophy and deep psychology becomes powerful.
A creator of value is a person who discovers value. The more autonomous it is, the phase of culture is transcended, the more heteronous it is, the more the phase of value is diffused into the phase of culture. Temporal existence and social existence, cultural time and space, are governed by value.
Art is more valuable than psychology. The existence of value is value.
In other words it is not existence
 We must admit that human existence will bring value to the world. To bring value into existence at the same time to make ourselves exist, freedom thought and imagination by freedom viewing. This is a dialogue with works.
Something with form will definitely disappear. It is said that there is a form in which there is no shape, and intangible things must exist as a pair of tangible things. Those with no shape are things in the four dimensional world one step above the "invisible world". It is a world built scenario all around the world, filled with life energy, has a role of a mold. Painting is to present "vision of new painting".
It must be felt as a spatial presence. From the real, enough
It must be omitted and implicit. It seems to be precise, but it must be visible to humans. By being incorporated into the philosophical comprehensive system aesthetics will become firm. A philosophical system triggers its own remodeling or destruction. A picture is a cultural symbol and a language expression. The body is moving. That thing is alive. It is completely or incompletely moving.
It is to abstract to seeing living. Escape the shape of the surface, shape of the surface
It is necessary to associate with the new force to dismantle the power of. It is a new viewpoint of this art itself, a new introduction. It is to redraw the world.
If you take seriously the unified theory of real fabrics and try to further develop it, you will not be short of competitors. Now is the time to go forward.


⑦ Organism and plant strategy -

Shell and contour beauty is a simple line,
Because wise men draw contours because they see the contours, madmen see contours, they outline, subjective contours are representative of silence sound regime. From the viewpoint of abstract representation by application of phenomenology and cosmological quantum theory, contour problems are particularly important. Considering the life years of objects and the importance of shells, considering shells and contours as methods of expression at the same time, and referring to the width of annual rings caused by cold weather.
Plant cells are made to shape around it by covering it with a hard shell. "Cell wall" is not found in animals. Even 1000 years of plants, they keep building cells while they are alive. Meet microbial attacks. Also, attack, sometimes coexist. We are trying to survive a complex world while mutually cooperatin

The essence of human being's first production and the truth of the essence of an organism are considered to be identical or closest. A person lies on an extension line of an ancestor of a living thing. Since human beings are to explore the essence of life, exploration of truth, in particular exploration of natural scientific truth, is indispensable


5.絵画表現の実践    
科学遠近法。透視画法の崩壊、空間そのものを再構築
  
①  解釈学と構造分析と形態
②  現象学的データの価値を重視する
③  ランダムネスと支離滅裂
④  驚異の芸術表現
⑤  自己自身の放棄と自己の歴史化

⑦  生物と植物戦略~殻と輪郭線 
① 解釈学と構造分析と形態
解釈学的レベルこそ、芸術の生命であり、芸術作品は 形式内容の複合体で
あるので、最も重要視しなければならないことである。
私が絵の中にいること、そして、作者の意図をめぐる問題は 存在しないという。これこそ地平を同じくする行為であり、四次元の捉え方でしか、私が絵の中にいる事にならないのです。それによって、絵画空間の隔たりが明瞭になっていること、空間表現の形成に対する関心が重要な役割を演じているのです。

絵が成功したかどうかは 私が絵の中にいるかどうかにかかっている。 
絵は それ自身の生命を持っているのです。
作品は 評価するものではなく、解釈に尽きるのです。 一枚の絵を見ても、どんな技巧や技法が凝らされているかを正当に理解しないと美的享受を行っても 好悪の個人的趣味の枠を打ち破って評価に進むことが出来ない。表現には創造的な過程が付き物とされ それを 追形成する一種の哲学的、心理学的作業を解釈学という。
従って、芸術作品に出合う体験は 全て、解釈学であり、「芸術作品の解釈」を具体的に個別的に実行する際に、「解釈という技術」が必要です。
芸術活動は 作品のもたらす効果を予め計算に入れて 素材の処理や形成
に当たることが必要で、作者の「意図」は 単なる主観的思い込みであってはならない。作者の意図をめぐる問題は 存在しないのです。 

*芸術形象の理解とは 構造分析に他ならないことです。
絵画に対したとき 見られたものの細部は 明確に知覚できなくとも、その
全体として印象を得る場合、それは「不気味なもの」であって、これが、作品の統一を根拠付ける直観的性格であるのです。

*既成の構造を否定しつつ保存してそれに還元できない高次の構造を 創設
するという。行動の三形態を貫く論理である。基付けの弁証法構造の哲学的
問題となり、形態の概念が迫る存在了解の変更を仕上げること、これが<構造の哲学> である。

*肉体を空間と時間の特質で満たす為の修行を 肉体に課す物でなくてはな
りません。形態は 表象力を活性化します。そして、 狂おしいまでに 誘惑する形態は 世の魔法であり、形態に対して エネルギーなしの因果作用を及ぼす働きをもっているのです。

②現象学的データの価値を重視する
存在論は 現象学としてのみ可能である。量化データばかりではなく、現象
学的データの価値を重視する。 Osborne1970は 規則性、単純、形の正確さを好む傾向はない。機械的な関係は 知性を喜ばせるかもしれないが、退屈で知覚には益するところがないと述べているので現象学の重要性が増すのです。
世界は 事実の総体であって、事物の総体で無く、世界は 事柄であるところの全てである。 

語る人、自分の言う事の中で自己を表明し、あるいは 隠す人、言葉を用いて自己の至高の自由を行使する人、一度、解読された これらの印は 時間を貫く 一種の記憶による<先験性>は 変換可能な一つの総体である。
同じ事柄に、一致した言語表現が存在しないことを教えている。 ある表現が 図として浮かび上がる際の地との関係であり、対象は 確固たるもの、存続するもの、対象の配列は 変更されるもの 不安定なものである。対象の配列が、事態を形成する。

プラトンは 実在レベルや色、時間によって、四次元を表現しようとする事
は 見当違いである。三次元は 立方体を基礎にしている。それに色を充てているのである。見えない側を見ることによって、四次元表現となるのです。
それが、一つの完結した全体のうちに含まれた全体分解的無基底な一つの
全体なのです。思考によって、分離されたものを一緒くたにし、概念における区別を無理に押し隠して 実在についての感情を仕立て上げることなので、真なるものは 全体である。

分割されたもの、非現実的なものこそ、本質的な契機をなしているのである。具体的なものは それが自分を分割し、非現実的なものとなす事によってのみ、自ら運動するものとなる。

一つの宇宙に、内部では不規則に見えるが宇宙全体を通してみれば、多宇宙における結晶のように 規則的な構造を待っている。存在する事物を捉える作用においては 私自身が存在を体験するのでなくては 如何なるものも、捉えることが出来ないだろう。存在者を認識しつつ探求することである。 根本的探求とは 問いが向けられている当のものかを規定することには他ならない。確かめられるものが潜んでいる者に達したとき、問うことは その目的を果たすことである。

実存する存在者の存在機構と解する。現存在のなづける存在者の存在の意味
として、時間性が提示される。存在了解の地平としての時間と存在を了解しつつ、ある現存在の存在としての時間性から根本的に説明する必要がある。存在の意味に対する問いが 仕上げられる。時間の現象が正しく見取られ、正しく説明される事のうちにすべての存在論の中心的な問題が 根付いている。という事実とその仕方とが示されることである。存在論は 現象学としてのみ可能である。

現象の現象学的概念は 己を示すものとして、存在者の存在、この存在の
意味は 諸変様や諸派生態を指している。事物的に存在している「固有性」ではなく、存在する仕方のみである。世界内存在が現存在の本質機構として 了解された知己に初めて現存在の実存論的空間性を見抜く洞察力が可能になる。利用不可能だとそのように暴露されるときに 道具は 目立ってくる。壊れた道具の表現の必要なことが理解できる。

サルトルの存在と無の中で、即時存在「それがあるところのものであり、
それが」、あらぬところのもので、あらぬような存在」と規定、その本質及び その存在から脱するのは 自由によってである。

世界性、空間性、量、道具性、時間性などは 存在の否定であるがゆえに
のみ、存在にやってくる。あるところのものであるような存在は それが「あるところのものである。」として考えられる限り、自己を完全ならしめる為に、何者かを自己に呼び寄せるようなことはしない。それが、その具体的な裸形に置いて考察される時、突然 全体の存在になる。

人間の存在たる人格的中心は 自由の統一である。存在するとは 世界の
うちにおいて 自己を統一することであり、具体的なものよりも 抽象的なものが存在的に優先すると言う事を前提にしている。その結果が もっとも豊かである。 
非存在は 存在の表面しか存在しない。
人生にとって必要なのは 意味を追求することだけではなく、意志が体験する
事柄をも追及すること、リズム、拍子、メロデイ、色の調子など、意味のない活
動などを体験できるようにすることなのです。

「論理学を上級認識と呼び、美学を下級認識と呼ぶ」「上位の階級は 複雑な
絵画が好きである」複雑の絵、高度の不確定性を持つ作品への好みが 増します。
哲学的概念があいまいで、抽象的であればあるほど普遍性をます。素材が弱く貧しいほど知の重要性が強まる。素材の直観的基盤が貧しければ 貧しいほど、そして、素材の持つ目指す対象の再現能力が弱く、素材と対象との類似性が弱ければ弱いほど、その対象は 普遍性を増す。

与えられた素材が貧しければ 貧しいほど解釈する個人がその素材の上に読み取るものは 彼らが そこに置いた以外の物ではなくなる。各人の知が重要性を増し、多様な解釈を許すようになる。
 「真に具体的なものは 自己の本質を含む存在者であり、全ての抽象的契機の
総合的好き重ねによって生み出される全体性である。」ヘーゲルはいう。それは 
存在者を破壊する事によって、無にすると言う事はないだろうか。

ニーチェは 芸術家の基本的態度を規定し、形式となる術を知らぬ事物には 如何なる価値をも認めないという。
 創造的なものは 現実的なものよりも、ずっと近くにあり、また、ずっと 
遠くにある。ずっと近くにあるというのは 想像的なものが、現実的なものの
私の身体内部での生活表であり、初めて視線にさらされた果肉、その肉体を備
えた裏面に他ならないからである。

「生きる」事を「見る」事にまで抽象する事である。振動を与える行為こそが根源的なのであり、旋回(エクスタシー)を感じ、共振する。きわどく死に接したところで、強く生を感じさせる仕組みがそこに、成り立っているといっても言い。
境界とコントラストによって、裏側から生を映し出す働きをしているのである。

③ ランダムネスと支離滅裂
ミメーシス美学は キュウビズムが 対象をデホルメし、ばらばらに切り裂き、あるいは 対象を分析すると断じている。しかるに、キュウビズムは 対象の描写でもなく、世界の連立なのである。打ち砕け善者。正しい者たちを打ち砕け!(ニーチェ)

これから時間の推移は めちゃくちゃになるだろう。視線の中に芸術の破壊を、言語の中に言語の解体を求めるようになった。
力がなければ、形は 構成されないが、力は 形を壊すものとしても働く、つまり、永遠のかりそめの輝きとなる。ある種の混乱状態を作り出すことが、重要なのでは 無かろうか、

背徳の局面を悪とみなす。背徳は 人間の意志なしでは 有り得ず、その限り倫理学的概念である。悪は 倫理学的問題であるのに先立って、存在論的問題である。悪の存在根拠は どこにあるのか?
 アリストテレスは喜劇の再現の対象は 醜さである。それは 他人に苦痛や
危害を与えるほどの悪ではない。不快感を受け醜いと感じる局面、歪、ねじれ、それが本来持つべき性質を欠く、それを「醜い」と見る目は 対象ではなく、主体のものである。

アウグスチヌスは 意志がそれ自体、上にあるものを放棄して、下にあるものに向かうとき、それが悪になる。下に向かうことは自体が悪である。ひねくれ、逸脱が人間の自由意志の上に成立する時 そこに自然ならぬ道徳的な悪が表れることになろう。善が保守的なものであるように、悪は破壊的なものだからである。

⑤ 驚異の芸術表現~分割された諸規定。スナップショット
破壊は 創作よりも、一層鮮やかに我有化を実現する。消費する。食う
それは 自己に合体させることによって、破壊する事である。ランダム性、でたらめなる無秩序さは 絶えず)増え続ける。物質の変質現象から、分解、崩壊、老い、腐敗、揺らぎが存在する。

 機械的な関係は 知性を喜ばせるかもしれないが、退屈で、近くには 益するところが無い。あらゆる歴史の中で、人間の表情やしぐさの様に空中の中を 未来を求めている。高温では 磁石は 乱雑である。ランダムネスが いかに見事なものを生むかである。
   
⑥  自己自身の放棄と自己の歴史化
自分から離れる 自分が絵の中にいるかどうかである。エンテレクイヤの精神は 道徳的な戦いを備えた男たちは 何よりまず 自分自身と戦って勝、男の自由民は 己自身の欲望の奴隷になってはならない。自由は 我が家で心の中で始まる。だから、エンテレクイヤの精神を備えた男は 自分自身に対する王である。自己制御の重要性が さらに強調される。

自己自身についての真理を発見すればするほど、自己自身を放棄しなければ、ならなくなり、自己自身を放棄したければしたいほど、自己自身を明るみにもたらす必要がある。
あらゆるものから見方を精力学的なる静観主義により、再び、動力学的な行動的な見方に描きなおす事、この世を描きなおす事、これは 画家にとって、実に巨大な新たな課題となった。

抽象が現実とは 全く別個に頭の中で組み立てられたものではなく、下界の知覚と常に不可分と結びついたプロセスであるという事が示されている。芸術は 行き成り突如として、生の衝撃、息の感覚を与えなくてはならない。
フーコーは言った。僕を驚かせているのは 今の社会で 芸術は 事物としか関係を持たず、個々の人間とか人生とかと関係を持たない。自分の眼で見るという可能性を身に着けることが必要である。セザンヌは 観客ではない、彼は 事物の外に立ってはいない。彼は 行為のうちに巻き込まれているのだ。絵が 成功したかどうかは自分が絵の中にいるかどうかに かかっている 絵は 生命を持っている。

⑦  新しい価値と力~遠い空間と過ぎた時間を勝ち取る
一旦破壊された古い世界の上に 一つの新しい世界を打ち立てることで
ある。それは もっとも憎むべきもの、 想像するものを打ち立てる事である。 既成の表と古い価値を破る破壊者であるからである。世界の回転の軸となるのは 新しい価値の発明者である。

過去の作家の歴史的様式を知らなければならない。存在している様式は いつかはその生命を失うもの、そして、新しく生まれ出る様式により、とってかわられる。
自然科学的なアプローチが有力となるという形で始まったのです。解明しえ
ない事が明らかになり、実存哲学や深層心理学の形で脱宗教化した「価値による統御」が有力になる。

価値の創造者とは 価値の発見者である。自律的となればなるほど、文化の位相は超越され、他律的となればなるほど、価値の位相は 文化の位相の中に拡散される。時間的存在と社会的存在、文化の時間と空間において、価値による統御がなされる。
芸術は 心理にもまして 一層価値が高い。価値の存在は 価値である。
言い換えれば 存在であらぬことである




人間存在は 価値を世界に到来させるものであると言う事を認めなくてはならない。価値を存在させるとしては 同時に自分自身を存在させるという事、 自由の観方による自由の思考と想像である。これは 作品との対話が成立する。

 形あるものは 必ず消滅する。形がないものから 形あるものが生じたとされ、有形なものの対として、無形のものが存在しなければならない。形がないものとは 「見えない世界」より一つ上の四次元の世界の事です。世界中のシナリオを内蔵した世界であり、生命エネルギィーに満ち溢れ、鋳型の役割を持っている。絵画は 「新しい絵画のビジョン」の提示という事になる。

空間的な存在としてものが感じられなくてはならない。写実から、十分に
省略され、暗示的でなくてはならない。精密そうに見えるが 人間に取り扱えそうに見えなくてはならない。 美学が哲学の総合的体系に 組み入れられることによって、確固としたものになる。哲学的体系が、自らの改造あるいは 破壊を誘発する。絵は 一つの文化記号であり 言語表現なのです。身体が動いている。という事は 活きている。完全ないしは 不完全に動いている。

生きることを見ることにまで抽象することである。表面の形を逃れ、表面の形
の力を解体する新しい力と結びつかなくてはならない。この芸術そのものの新しい見方、新しい入門なのである。世界を描きなおすことである。
実在の織物の統一された理論を真剣に受け止め、それを さらに発展させようと始めれば、競争相手に不足することはないだろう。今こそ前進あるのみである。

⑦ 生物と植物戦略~殻と輪郭線 美は 単純な線、
 賢人は 輪郭を見るが故に輪郭を描き、狂人は 輪郭を見るが故に、輪郭を描く、主観的輪郭は 沈黙の音の体制の代表的なものです。現象学及び宇宙量子学理論の応用による抽象表現という観点からして、特に、輪郭問題が、重要視される。物の生存年数とか、殻の重要性とかを考えた場合、殻と輪郭線を同時に表現の方法として考える事、寒暖による年輪の幅を参照する。

人間の初産における本質と、生物の本質の真理は 同一か 最も近いものと考えられる。人が生物の先祖の延長線上にいる。人間は 生命の本質を探ることであるから、真理の探究、特に、自然科学的真理の探究こそ、欠くべからざるものである この逞しさは 驚感し、脳があるがごとくです。
動物のように 異なる器官を組み合わされるのではなく、同じ器官を繰り返すことで、体を造り上げているのです。体の一部を失っても直ぐに、新しい枝や葉や根を出して しっかりとその場で生き続けております。食べられても、折られても再び
繁殖するのです。植物は 子孫を残す力が 非常に高いとも言えます。細胞核」は 人間の憧れなのです。