4.Smic quantum and art expression

4.smic quantum and art expression


Quantum mechanics is the foundation of all stability when seeking the essential root at the time of the origin of human beings. To know its root, it must be considered in a new era. It is to recognize the importance of an ancient theory and apply it to art works. Methods of thinking and four - dimensional way of thinking etc will help the birth of a new art style However, we had to keep in mind that there is a need to combine cosmological quantum theory as an attitude to evolve rather than staying old.
As an existence seeking the order of the universe, I realize that there is order, both human beings and things, and between humans and humans, and I am constantly seeking it.
The order of the universe and the order of humans are considered to be the same.

① Quantum mechanics is the foundation of all stability.
② Field and particle know the same
③ Neutrinos - transmitted as weak forces and waves.
④ Uncertain universe and abstract world.
④ Quantum color mechanics and artistic expression
⑤ When defining essence



① Quantum mechanics is the foundation of all stability.
The same law is passed through every corner of the universe. The elementary process of atoms occurs at random, and human intention affects experimental results. Even if it is expressed in the same way of thinking on the whole screen, it will change in the processing method of that author. n addition, it is quantum mechanically ecstasy that it will make the horizon in the philosophy the same, and it is naturally synchronized with the original swirl of the universe, leaving gaps.
I think that the mechanism that I felt strongly living at the time when I barely touched death was so well established. Then, in the painting expression of this theory, I do not think that it is important.
Because it behaves in different ways in different universes it seems random in most of the universe. In either case, predictability can not be reduced. Whatever path it takes in a single photon inside the device, the photon will exit randomly from the device. Therefore, expression will also be random at best. The multi-universe is not a discrete set of the universe, it is continuous, and every universe
It is not that they are different


② Field and particle know the same ~ law and nature and express it.
Everything in this world is an aggregate of numerous atoms and molecules. Due to their separation and dissipation, it is possible for particles that are all natural phenomena to have "wave-like properties" as particles themselves as "ripples across the space". That means that means that.
And the forces working between atoms are the power of electromagnetism. Know the law and its nature and express. Quantum is transmitted as a wave when freely traveling around space. As a matter of course, I think that it is exhausted as expression as a wave.

The place which is regarded as vacuum is not empty but is now considered to be a space full of matter. It is obvious that it consists of particles and anti-particles. In case
It is said that the philosophical absence is about the four-dimensional representation with the same horizon.
From the viewpoint of rhythm oscillation, it is based on another angle such as quantum theory and astrophysics that combining matter with life, physical universe and symbolic universe
is there. Quantum uncertainty becomes completely dominant in electrons moving around in atoms. The fact that the rule governing the interaction of elementary particles is of utmost importance is a material indispensable to art expression if it is the basis of all the knowledge hierarchy


③ Neutrinos - transmitted as weak forces and waves.
It is the fundamental thing of the universe "Fluctuation", all the straight things are lies
is there. Every truth is a curve. It is dominated by a weak force, has good transparency, and makes a sudden fluctuation. "Fluctuation" is the most fundamental thing in the universe. It transmits as a weak force and wave. Of the four basic interactions in nature, do not do electromagnetic interaction. There is a neutrino in a kind of substance composed of elementary particles. The collapse mode increases if there are many. Generally, the average life expectancy is shortened.
There is no will to heart or atomic molecules in atomic molecules, so to move around at random, randomly. There will be no regulation, it will be a freaky movement as randomly distributed.
The more famous performances that strongly hit the heart of people, the stronger the tendency of fluctuations to appear
It is surprising that "fundamental character of the universe" "fluctuation" is admirably reflected in "the structure of beauty" striking a person's heart.
The difference in elevation due to fluctuations represents cold and warm. Expressing the fluctuation as a wave as a contour line is like playing music.

  
④ Uncertain universe and abstract world.
Quantum theory is involved in interaction between real things and what is possible
Say. With the advent of quantum theory, the classic picture "realistic" was eliminated and the uncertain universe came out, and the natural world is said to be uncertain and ambiguous from a micro viewpoint.
Even in the world of painting, it is obvious that abstract paintings are natural, not real.
Trying to find the quantum creation of the expanding space time itself itself is a study of "the universe of quantum". Quantum mechanics, general relativity, expanding universe, elementary particles are finally being integrated into one thing, heading toward the end of the 20th century.
In general relativity, space, time and matter are not independent. No substance
Spacetime is considered, but you can not imagine a substance that is not in the spacetime. In case
As spatiotemporal variables are classified by expansion, a convenient "time" was born
is. Space-time and material are said to be the sensibility of the fireball universe in the classical state period. time
Is a concept based on the correlation with concrete objects
Hawking's singular point theorem is one of the past in the substance of a normal substance
If there is a region where time space can not be defined, that is, there is a singular point
Say. In the work, it is always to express singularities.
If there is time space, it is at least two dimensional. Spatio-temporal theory with the lowest dimension
Yes, the relationship with material added becomes three dimensional. In high dimension, the disappearance of "time", the kind of elementary particles constituting the celestial body are completely asymmetrical.
The energy of light was discreet and discontinuous. When a lot of molecules collide, it becomes a big force. In the temperature binary, the smaller mass is higher than the larger one.
It seems that the spiral structure of the "cochlear canal" has a function of proliferating low temperature.
The density of the dust of the debris disk is not decreasing gradually toward the outside,
It is understood that there are a thick part and a thin part depending on the place.
Quantum theory and relativity theory are two foundations of nature, and quantum theory has revealed that in the theory of relativity such as electrons and lights, the time progresses slowly and the space bends.


⑤ Quantum color mechanics and artistic expression - The closer you approach, the weaker the more you look
Cosmic quantum science, which attached the essence of human premises, should be an indispensable theory of expression of art work.
By engaging philosophical theory with the theory of cosmological quantum theory, advanced work creation
Become complicated and become extreme. Also, I think that it can come closer to the universal theory.
"Aqua and gluon" the motion law was completely decided, the frame of quantum color mechanics was decided.
According to the universe color mechanics, the color that exists in the universe is the color of the quark, red vermilion, green, blue Ultramarine. The colors of complementary anti quarks are cyan, red, magenta, yellow,
Yellow, red, magenta, green, indigo cyan blue ultramarine,
The closer the color charge is, the weaker the color charge looks. It has asymptotic freedom
Say. You will need to draw with a weak color. Also, when you are flying freely freely
Is transmitted as a wave.
The fact that the resonance phenomenon of quark and anti-quark is occurring is always to arrange in pairs. If a pair of red quarks and anti-red quarks are generated in the vacuum near the red quark, the red-red quark produces a reddish "brown".


⑥ When defining essence, application of cosmic quantum and plant ecology is indispensable method of expression.

 宇宙量子学と芸術表現 
人間の初産としての発祥時の本質的根源を求める時、量子力学は 総ての安定の基礎となる。その根源を知ること、それは 新しい時代に考えなくてはならない。古くからある理論の重要性を認知して 芸術作品に応用することであるのです。思考する方法や四次元的とらえ方などが、新しい芸術様式の誕生の手助けとなるでしょう。 しかし、古いままではなく、より進化させるべき態度として、宇宙量子学理論を組み合わせすることの必要性があることを 念頭に置かざるを得ませんでした。
 宇宙の秩序を探り求める存在として、人間と物との間にも 人間と人間の間にも、秩序があることに気付き、それを たえず探し求めているのであります。
宇宙の秩序と人間の秩序は 同一と考えられています。
量子力学は すべての安定の基礎である。
 宇宙の隅々まで 同一の法則が貫いている。原子の素過程は ランダムに起こり、人間の意図が 実験結果に影響を与えるという。 それは 画面全体において同じ考え方の表現で表しても、その作家の処理方法において 変化するであろう ということです。
また、哲学でいうところの地平を同じくすることとなることは 量子学的にはエクスタシーを感じ、おのずと宇宙の原初的渦動と同調、隙間を空けるとこがある。それはきわどく死に接したころで強く生を感じました仕組みがそんなに成り立っていると思います。ならば、この理論の絵画表現では、重要なことであると思います事を得ません。異なる宇宙では 異なる仕方で振る舞う為に大部分の宇宙では ランダムに見えるためである。 どちらの場合でも、予測可能性は 軽減できず。装置内部で単一の光子に どの経路を取らせても、光子は 装置からランダムに出てしますというのです。ですから、表現も、ランダムで良いということになるでしょう。多宇宙が 宇宙の離散的な集合ではなく、連続的であり、すべての宇宙が
異なっているのではないということです。
 場と粒子は同一 ~法則と性質を知り、それを表現する。
この世の中に存在する ありとあらゆる物は おびただしい数の原子、分子の集合体である。 それらの離合集散によって、全ての自然現象が生起している粒子が 「波のような性質」を持つことは 粒子そのものを 「空間を渡るさざなみ」 のようなものとしても良い。ということを意味していることなのです。
 そして 原子の間で働く力とは 電磁気の力である。その法則と性質を知り、表現をする。量子は 自由に空間を飛び回っている時は 波として伝わる。当然な事として、波としての表現に尽きることかと思います。
真空とみなされるところは 決して空虚ではなく、物質が充満している
空間であると考えられるようになったのです。粒子と反粒子とからなっていることが明らかである。 それは 哲学的な無が地平を同じくした四次元表現の事となる。
リズム振動の観点から 物質と生命、物理学的宇宙と象徴論的な宇宙と結びつける事が 量子論と宇宙物理学という別の角度から根拠づけられたことで
ある。原子の中を動き回る電子に至っては 量子的不確定性が完全に支配的となる。 素粒子の相互作用を支配している法則が、最高に重要であるということは 全ての知識の階層の基礎をなしているからであるならば、芸術表現に欠かすことのできない資料であろう。

ニュートリノ ~弱い力と波として伝わる。
宇宙の根源的な事「揺らぎ」であり、 全て真っ直ぐなものは 偽りもので
ある。あらゆる 真理は 曲線である。弱い力に支配され 透過性が良く、揺らぎを不意に作ることである。「揺らぎ」が宇宙のもっとも根源てきなことである。 弱い力と波として伝わる。自然界にある四つの基本相互作用のうち、電磁相互作用をしない。素粒子からなる物質の一種に ニュートリノがあります。沢山あると 崩壊モードが増える。一般的には 平均寿命が短くなる。
原子分子には 心とか でたらめにしようという意志はありませんから、全く、でたらめに 自由に動き回ることです。何の規則もなく、ランダムに分布しているように 自由奔放な動きになるでしょう。
人の心を強く打つような名演奏ほど、揺らぎの傾向が強く表れているという
人の心を打つ「美の構造」の中に、宇宙の基本的性質である「揺らぎ」が見事に反影しているということは 驚きである。
揺らぎによる高低差は 寒暖を表している。輪郭線を波としての揺らぎを表現することは 音楽を奏でるがごときである
                        
不確定的宇宙と抽象の世界。
量子論が係っているのは 実在のものと、可能なものとの相互作用であると
いう。量子論の出現によって「現実的」という 古典的描像は 廃除され、不確定宇宙が登場することになったのであり、自然界は ミクロな視点で見れば 何もかも不確定で曖昧であるという。
絵画の世界でも、当然な如く、写実ではなく、抽象絵画が当然であろうことが実証されているのである。
膨張する宇宙の空間時間そのものの量子的創成を探ろうとすることが、「量子学の宇宙」の研究である。量子力学、一般相対性理論、膨張宇宙、素粒子は 20世紀末を向かえてようやく、一体のものに総合されつつあるのです。 一般相対性理論では 空間、時間、物質の三者は 独立ではない。物質の無い
時空は 考えられるが、時空に無い物質を想像することはできない。 
時空の変数が膨張によって古典化するに連れて、便利な「時間」が生まれたの
です。時空も物質も古典状態の時期に 火の玉宇宙の感性であるという。時間
とは具体物との相関を基礎にした概念である
 ホーキングの特異点定理とは 通常の物質の基では 過去未来のいずれか
あるいは両方に必ず、時間空間の定義できない領域、つまり、特異点があると
いう。 作品の中で、必ず、特異点の表現を行うことである。
時間空間があるとすれば、最低二次元である。最も次元を下げた時空理論で
あり、物質を加えた関係が三次元となる。高次元では 「時間」の消滅、宇宙の天体を構成する素粒子の種類は 全く、非対称である。
光のエネルギィーは とびとびで、不連続であった。沢山の分子がぶつかると、大きな力になる。温度連星の内、小さな質量の方が大きな方より高い。
「蝸牛管」の渦巻き構造には 低温を増殖させる働きがあるらしい。
残骸円盤の塵の密度は 外側に向かって短調に減少してゆくのではなく、
場所によって 濃い部分と薄い部分があることが、解ったとのことです。
量子論と相対性理論は 自然界の2つの土台であり、 量子論は 電子や光など相対性理論では 時間お進み方が遅く成ったり、空間が曲がったりすることが明らかになった。

量子色力学と芸術表現~近づけば、近づくほど、弱まって見える
人間の初産の本質を決定付ける宇宙量子学は 芸術作品の表現に欠かすことのできない理論であるというべきであろう。
哲学的理論に宇宙量子学理論をかみ合わすことによって、高度の作品づくり
となって、複雑極まるものと成るでしょう。それが、普遍的理論に近づくことになりうると思います。
クオークの色電荷の間に働く法則を決定する「ゲージ原理」色電荷を測定する絶対的基準は 存在しない。という原理の結果、「クオークとグルーオン」の運動法則が完全に決まり、量子色力学の枠が整うことになったのです。
宇宙に存在する色は 宇宙色力学によると、クウォークの色とは 朱赤、緑、青ウルトラマリン。補色反クオークの色は シアン、赤、マゼンダ、黄、 
黄色、赤色、マゼンダ色、緑色、藍色シアン 青色ウルトラマリン、
色電荷は 近づけば近づくほど 弱まって見える。これは 漸近的自由性と
いう。 弱い色で描く必要があるだろう。また、自由に空間を飛び回っている時
は波として伝わる。
クウォークと反クウォークの共鳴現象が起こっているということは 常に、ペアーで配置することである。 赤クウォークのそばの真空中に、赤クウォークと反赤クウォークのペアーが生成する場合には 反赤クウォークは 赤味を帯びた「茶色」が、生成する。
本質を定める時、宇宙量子学や植物生態学の応用が欠かせない表現方法である。