3. Philosophical theory and art


3. Philosophical theory and art
It is a view of phenomenology. I pray for the emergence of "art history that does not exist". Hegel conceptual theory, the whole of Descartes entity, Husserl phenomenology, the existence theory and phenomenology of High Decker, the existence of Sartre, the Merle Pontee phenomenological reduction, abstract machine, the idea of self abandonment of perception, Foucault's idea .

① View of phenomenology
② Law of dialectic law and existential theory


① View of phenomenology
Concept of 4 dimensional space - All we are seeing is three dimensional. there
There is an invisible place. It is only human beings can see from the side, such as the back side, left side, right side, top side, from the bottom side, etc. It means that there are human beings. It is said that "to make the horizon the same" that all of them were in line. And it is to think out of the philosophical consequences required by the concept, a transcendence of time and space, a relationship to compare the past and the present, a temporal course ~ the whole recapture. That is all that is present. It is the same as grasping what is dead and requires the greatest power

      
② Law of dialectic law and existential theory, existence theory - exist existence which does not exist thing in the original meaning is said to be existential. It makes the horizon similar exposes everything. It takes time, when it is time-based it is a mature structure, and it is exposed as a historical existence of present existence. There is a space with the same horizon, time and space occur simultaneously.
From the thing called "none" or "death" in its entirety, the emergence of novelty, the emergence of the unlikely thing is said to be existential, also called understanding. Moreover, it was awkward with transparency. When it is tied to the Holy, it climbs up the stairs of value and occupies a high position over other values, which means that it is the time when it exceeds the spatio-temporal living zone (existence when ripe) It is that <Eternity> is disclosed.


.哲学理論と藝術 
現象学の見方である。「存在していない美術史」の出現を祈る。ヘーゲル概念論、デカルト存在物の全体、フッサール現象学、ハイデッカー存在論と現象学、サルトルの存在の無化、メルロポンテイ現象学的還元、抽象機械、知覚の自己放棄等の考え方、フーコーの考え方などです
現象学の見方
4次元空間の概念~私たちが見ているものは すべて3次元である。そこで
見えないところが存在する。後ろ側であること、左側、右側、上から、下からなど、その側から見ることのできるのは 人間しかできないことであり、人間存在ということである。そのすべてを同列したのが、「地平を同じくする」という。 そして 概念が要求する哲学的帰結を考え抜くことであり、時間と空間の超越~過去と現在を比較する関係となり、時間的な経過~全体の奪回である。それが、存在しているものの全てなのです。死せるものをしっかり捉える事と同じであり最大の力を必要とする

弁証法の法則と実存論、存在論~事物的に存在していないもと言う意味で存在しているものを実存という。それは 地平を同じくすることは すべてを露わにする。 時間を要し、時間制の時熟構造であり、現存在の歴史性として露呈する。地平を同じくした空間があり、時間、空間が同時に発生することである。
その全体を「無」ないしは「死」という、あるものから、あらぬものの出現、そのあらぬものの出現を実存といい、了解とも言うのです。また、透視性と懐けられたのです。それが聖と結ばれる時、 価値の階段を駆け登って 他の価値に勝る高い位置を占め、そのことが、時空の生層圏を超えるとき(時熟したときの存在物)であるということであり、<永遠>が開示されるということであるのです。